ねおりずむ

自分らしく生きるためのぶろぐ。

MENU

ネタバレ注意 天気の子 見に行ってみた 感想

結末はかかないつもりですがネタバレになるかもなので

それがNGな方は戻るなら今です。

 

 

わりとアニメ映画は見ないんですが

『君の名は』を見てから新海誠作品の映像美に

惚れたんで天気の子見に行ってきました。

友人が安く取得してくれたチケットを片手に!

天気の子チケット

 

あらすじ

天気を操る女の子ひなと

わけあって家出中の男の子ほだか。

二人はぎりぎりの生活を送っている中、東京で出会いました。

天気を晴れにするという特殊な力をもつひなは、その力を

ほだかに見せます。二人はその力を通して

晴れにしてほしい人をネットで募り、生活費を稼いでいたわけです。

自分たちが必要とされる幸せを噛み締めながら支えあうように

東京の街で慎ましく生活をしていました。

ほだかとひなの絆は少しずつ確かなものになっていきます。

 

しかし、幸せはそう長く続きません。

 

天気を晴れにする力の代償がひなを襲うのです。

あんなことこんなことで警察を振り切り、自らの身を危険に晒してまでひなを助けたい一心のほだか。

そのあとほだかがみた景色とはー。

 

感想

いやー、新海誠監督の作品はやっぱり映像美がすばらしいです

特に雨が地面に落ちるときのあの王冠のようなかたち!

綺麗に表現されてましたね(目の付け所)

個人的に晴れが好きだったのですが

この映画を見てから雨も愛せるようになりました。

 

天気という、日常の当たり前に焦点を当てられてます。

舞台が東京なので東京とか近郊に住んでる方は

見覚えのある景色がよく出てきます。

ストーリーだけじゃなくそういう点でも楽しめると思いますよ。

かといって

じゃあそういう点では地方住みは楽しめないのー?

って思う方もいるかもですが、

全くそんなことはございません

 

私は東北出身でもともと地方住みです。

東北新幹線がでてきて、あ!あの色の新幹線!!

ってテンションが上がったり。

 

もう一度いいますが、

日常に焦点を当ててる作品なので人を選ばずみんなが楽しめます。

ロマンチストなところがある自分なので

この世のどこかにひなみたいな子がいて、晴れの日なんかは

その子が晴れにしてくれてたりするのかなって思っちゃったりしますね!!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました☆